オートタイプとフルオートタイプの違い ノーリツ給湯器の専門店
トップページ > (お役立ちコラム)オートタイプとフルオートタイプの違い
オートタイプとフルオートタイプの大きな違いは、自動お湯はり後にリモコンの設定水位まで自動でたし湯するかしないかになります。

フルオートタイプ

フルオートタイプ
フルオートタイプは、自動お湯はり後に浴槽のお湯が減った場合、リモコンの設定水位まで自動でたし湯しますので、次に入る人も快適です。ぬるさを感じる前に追いだきを開始する「ごきげんオート」機能、更に排水時に、自動的に追いだき配管内を新しいお湯で洗い流す「自動ふろ配管クリーン」機能も搭載されております。

オートタイプ

オートタイプ
オートタイプは、自動お湯はり後に浴槽の湯温を自動でチェックし、お湯が冷めれば自動で追い炊きし保温します。浴槽のお湯を減らした場合は、自動でたし湯はしません。

名称 フルオート(別名:プレミアム/スタンダード) オート(別名:シンプル)
自動お湯はりの水位設定 水位センサーで浴槽の水位を測定し、設定水位までお湯を注入。※基準水位を記憶し、残り湯があっても設定水位で止まります。 水量センサーでリモコンで設定した流量(リットル)を量り、浴槽にお湯を注入。※残り湯がある時、希望湯量にならない場合があります。
湯量のばらつき 出にくい 出やすい
自動たし湯機能 設定水位より約3cm減ったタイミングで自動で足し湯を行います。 なし
ごきげんオート機能 人の入浴をセンサーが感知。湯温に慣れてぬるさを感じる前に追いだきを行います。 なし
自動ふろ配管クリーン機能 条件がそろっている状態で浴槽の排水栓を抜くと、自動で配管クリーンを行います。 なし

給湯器交換ならアイテック
トップページ 会社案内 ラインナップ Q&A お見積もり お問い合わせ