給湯器交換の費用について ノーリツ給湯器の専門店
トップページ > (お役立ちコラム)給湯器交換の費用について
ある日、急にお湯が出ない!給湯器が故障した時に気になるのが、給湯器交換に必要な費用ですよね。当コラムでは、給湯器の種類別(追い炊き付、給湯専用等)の価格と取付工事費についてご説明します。

給湯器交換の費用について(種類別)

まず、給湯器の種類は「追い炊き機能付の給湯器」「給湯専用の給湯器」の2種類に大きく分けられ、更に給湯能力(号数)や性能によって本体価格も大きく異なります。下記が給湯器本体+リモコンの価格と取付工事の費用になります。オプションの配管カバーや排気カバーの有無、給湯器に接続されているガス管の種類によっては更に追加となる場合があります。

【追い炊き機能付の給湯器】
種類 弊社販売価格(リモコン代含む) 標準取付工事費
フルオートタイプ(エコジョーズ) 103,000円~119,000円 39,000円
オートタイプ(エコジョーズ) 91,000円~108,000円 39,000円
フルオートタイプ 90,000円~113,000円 33,000円
オートタイプ 79,000円~101,000円 33,000円

【給湯専用の給湯器】
種類 弊社販売価格(リモコン代含む) 標準取付工事費
給湯専用(エコジョーズ) 71,500円~118,000円 34,000円
給湯専用 37,000円~83,000円 27,000円

施工例(追い炊き機能付の給湯器) 施工例(給湯専用の給湯器)
ノーリツ GT-C2462SAWX-2 BL 施工事例 ノーリツGT-2460AWX-2 BL施工事例 ノーリツ GQ-2039WS-1 施工事例 ノーリツGQ-1639WE-1 施工事例

弊社でよく売れている追い炊き機能付の屋外壁掛形24号フルオートタイプ(エコジョーズ)の給湯器ですと工事費と消費税込みで15万4千円です。追い炊き機能無しの屋外壁掛形16号給湯専用タイプの給湯器ですと、工事費と消費税込みで6万4千円になります。弊社は、省エネの「エコジョーズ」に関しては大変お得な価格にて販売させて頂いております。お見積もりフォームより給湯器の設置状況が分かる写真を添えて送信して頂くことにより、お見積書を送付致しますので、是非、お気軽にご相談くださいませ。

給湯器の取付工事費と内訳

給湯器の取付工事費は、給湯専用タイプが2万7千円から、追い炊き機能付の給湯器が3万3千円からになります。この取付工事費は、既存の給湯器と同じタイプの給湯器に交換する場合にかかる工事費になります。工事費の内訳は下記の通りになります。

・追い炊き機能付の給湯器の場合
1:給湯器本体、リモコン取付
2:ガス管接続工事
3:給水給湯管の交換(給湯器との接続部分のみ)
4:追い炊き管の交換(給湯器との接続部分のみ)
5:配管に新しい保温材を巻きます。※東レまたは積水化学製の保温材使用
6:既設給湯器の撤去、処理

既設給湯器と新しい給湯器とでは、配管の接続口が異なる場合が多いため、配管(給水、給湯管など)を新しい給湯器に接続できるように接続部分のみ新しくさせて頂きます。※接続部分以外の配管は再利用します。

・給湯専用タイプの給湯器の場合
1:給湯器本体、リモコン取付
2:ガス管接続工事
3:給水給湯管の交換(給湯器との接続部分のみ)
4:配管に新しい保温材を巻きます。※東レまたは積水化学製の保温材使用
5:既設給湯器の撤去、処理

追い炊き機能付も給湯専用タイプも、工事終了後に試運転を致します。また、古い給湯器に関しましては弊社で持ち帰り処分させて頂きます。それらの費用も全て取付工事費に含まれております。標準の取付費以外の追加費用がかかる場合ですが、最も多いのは給湯器に接続されているガス管の種類が強化ガスホースの場合、再利用はできませんので、新しい強化ガスホースに交換致します。その費用は4,500円になります。また、ご自宅敷地内に駐車スペースがない場合、コインパーキング代金がかかる場合がございます。

給湯器交換ならアイテック
トップページ 会社案内 ラインナップ Q&A お見積もり お問い合わせ